ロゴ

メニューを閉じる

新着情報・お知らせNews

2022年 年頭所感

                       勝山商工会議所会頭 荒井由泰

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、世界的な新型コロナの感染拡大の影響で無観客となりましたが、東京オリンピック・パラリンピックが無事開催され、スポーツを通じて感動と希望を私たちに届けてくれました。当市出身の山口茜選手がバドミントン競技に出場し、残念ながらメダルは逃しましたが、私たちに感動を与えてくれました。山口選手のなお一層のご活躍をお祈りするとともに、今後も応援して参ります。

さて、新型コロナ感染症により、私たちの日常が一変し、消費行動を取り巻く社会・生活環境も様変わりしましたが、現在、ワクチン接種効果と感染拡大防止の努力により、感染が沈静化しつつあります。ウイルスの変異等、未だわからないことが多い中ではありますが、感染防止と経済社会活動を両立する新たなステージを迎えております。

昨年の当所の事業活動は、感染拡大防止のため残念ながら会員交流事業や産業フェアなど各種イベントが昨年度に引き続き中止を余儀なくされました。一方、持続化給付金申請や事業再構築補助金の申請、開業希望についての相談、ウィズコロナ、アフターコロナを見据え、現状維持から一歩踏み出し、新たな事業展開を検討される事業者などのコロナ関連に係る経営支援業務が主となりました。

現在、勝山市においては、北陸新幹線敦賀延伸・開業、中部縦貫自動車道大野油坂道路の開通を目前に控え、県立恐竜博物館リニューアル工事が行われています。加えて、勝山恐竜の森の再整備・管理運営事業に係る民間事業者の選定を終え、近く実施協定が締結されると聞いています。また、「道の駅 恐竜渓谷かつやま」の隣接地に民間事業者によるいちご狩りの体験施設オープンなど新しい動きが見えてきました。商工会議所が旗振り役をし、勝山市とともに進めてきた「観光の産業化」をさらに前進し、定着するためには、より多くの方々・企業の参画、そして協力が必要だと感じています。これからが勝負の時です。

当商工会議所としましては、ウィズコロナの新しい環境の中、行政・市民の皆様とともに知恵を絞り、当市の社会経済活動の再生・回復につなげることができる一年となるよう取り組んで参りたいと思います。新しい都市の市民の皆様のご健康とご活躍を心よりご祈念申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

以上


ファイルを開く

PDF